タイトル:『ストリート・ストーリー』バックナンバー


 
トップページ

 

 
 バックナンバー2004年版を掲載しています

  2007年版 2006年版 2005年版     
  2003年版 2002年版 2001年以前版

不忍池のほとりにある旧岩崎邸が
改修され、夜間のライトアップを
行っています。

洋館が青い光で浮かび上がるさまは、
幻想的。今度は明るい時間に訪ねて
みようと思います。


旧岩崎邸 (2004年12月)

Page_Top

 

紅葉を眺めたくて、裏磐梯に行ってきました。
桧原湖、五色沼は湖の青と木々の紅葉が、
まさに一幅の絵のよう

毎日、紅葉は変化していきます。
まもなく雪が降るそうです。

 


秋の湖 (2004年11月)

Page_Top

 

日比谷で地下鉄に乗るときは、
いつも、このビルから入ります。
レトロな様式がそのまま残っていて、
大好きなビルです。
もう、このような建物は
できないでしょう。
いつまでも残っていてほしい
ものです

三信ビル (2004年10月)

Page_Top

 

仙台・宮城峡のニッカ工場を見学しました。
ここは樽詰めされたモルトが眠っている
ところ。
樽のエキスによって、じっくり味わいを
重ねます。
10年〜30年もかかって、
本当のお酒になるのです。

熟成 (2004年9月)

Page_Top

 

パソコンに向かっていたら、突然のカミナリ?
いいえ、花火が始まったのでした。
窓越し、ちょうど目の前に
大輪の花が開きます。
さっそくカメラで撮影。ベストショットでした。

 

目の前で花火 (2004年8月)

Page_Top

 

六本木ヒルズに東京のジオラマがあります。
いつか、ヘリコプターに乗った時も、
眼下に東京が広がっていました。鳥は、

こんな景色は見慣れていることでしょう。

 

『鳥の目で見る』 (2004年7月)

 

Page_Top

 

お台場に行ってきました。
ショッピングビルは人でいっぱい。
でも、
まわりには原っぱがたくさんあります。
色とりどりの花が咲き乱れていました。

ちょっと足を伸ばしてみては、いかが?

『原っぱ』 (2004年6月)

Page_Top

 

都心から富士山が見える日が増えています。
日本経済が不振だからだ、
なんて言う人もいますが、環境保全への意識の
高まりだと思いたいですね。
11階にある我家からは、いつもよく見えます。

『富士山』 (2004年5月)

Page_Top

 

満開の桜の下で、なかよし3人組
が話していました。
この春、目の前の高校を卒業したばかりで、
またここに来てしまったのかもしれません。
散歩から戻っても、
まだ座って話を続けていました。

『卒業生』 (2004年4月)
 
Page_Top

 

春の気配を感じます。そんな春の宵。
京都でお座敷遊びを堪能してきました。
本当に京都らしい、小さなお茶屋さんで、 
舞子さんや芸子さんが接待してくれました。
舞子さん、かわいかった!まだ、17歳です。

『春の宵』 (2004年3月)

 

Page_Top

 


 ゆっくりできる喫茶店が少なくなりました。
 ここは落ち着くので、好きな場所。
 コーヒー代も安くはないから、若者はきません。
 時にはおとなしか入れない場所があっても
 いいのではないでしょうか。

 

『ひといき』 (2004年2月)

 

Page_Top

 

明けまして、おめでとうございます。
今年は何事もじっくり取り組みしっかりと
形にしていきたい。
窓辺にある熊のぬいぐるみが、
なぜかそう思わせます。
猿ならぬ 熊を時々の 師に見たて
 (字あまり)
今年もよろしくお願いします!

『窓辺』 (2004年1月)

Page_Top

 
 

お問い合わせやご質問は
 
e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。


2003/03/30 22:42:11;72944;f6876ae673j;RETR;ok;/htdocs/street.html 2003/04/30 09:58:19;68270;f6876ae673j;RETR;ok;/htdocs/street.html