シニアライフアドバイザー・松本すみ子のWebサイト
arias

News

ニュース

週刊朝日の「シニアこそ『ちょい職』のススメ」にコメント

2021年07月16日

シニアの働き方は様々です。現役世代であればフルタイムは当然かもしれませんが、セカンドライフでは自分に合った働き方を選ぶことが可能。世の中は多様化し、求められる能力も様々です。
しかも、スキルを求める側と提供する側のマッチングシステムがいつくも登場しています。
どのくらい働く必要があるのか、自分にはどんなことができるかをよく考えて、自分なりの能性を見つけましょう。

松本のコメントは117、118、119頁に掲載されています。

朝日新聞出版の「アエラドット」にも掲載されています。
https://dot.asahi.com/wa/2021071500070.html

 *下の記事をクリックすれば大きな画面で読めます。