故郷・墓前にUターン、生家をコミュニティカフェに
【はつらつセカンドステージ

2020年4月25日

 
 
 

京都銀行系列のシンクタンク「京都総合経済研究所」が発行する季刊誌『FINANCIAL FORUM』2020春号No.128号が発行されました。

松本が担当するページは「はつらつセカンドステージ」
定年後に活躍するリタイア世代を紹介し、第二の人生の生きがいについて、さまざまな情報をお伝えしています。

今回で連載第54回目になります。

故郷・備前にUターン、成果をコミュニティカフェに
 〜地域のために出会いと賑わいを演出したい〜

東京での生活に区切りをつけて、故郷の備前にUターンした難波規子さんは、祖父の家をリフォームして、地域の人々が集えるコミュニティカフェを開いた。次に、街に賑わいを取り戻したいと商店街に食堂をオープン。さらに、この食堂での様々な交流と語らいを元に、認知症カフェを計画するなど積極的に活動している。原点には東京での市民活動の経験と家族への深い思いがあった。

詳しい内容は本文をご覧ください。

【掲載記事】 クリックすると大きな画面で読むことができます。

  

【今までの記事一覧はこちらで】

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.