フジテレビ『ノンストップ』の「男の第二の人生」に登場しました

2019年12月14日

 
 
 

12月13日(金)放送のフジテレビ『ノンステップ』に登場しました。

ノンストップは月曜から金曜まで放送されていますが、金曜日はサミットといって、テーマに基づく討論が主体。この日用意されたテーマのうちの一つが「セカンドキャリア」でした。

そのテーマが、松本の新著『定年後も働きたい。人生100年時代の仕事の考え方と見つけ方』の内容と一致するため、今回の番組出演となったものです。

番組はまず、松本が担当している65歳以上の人のためのセカンドライフ支援講座「東京セカンドキャリア塾」の講座風景から始まり、2名の塾生が講座の受講動機や塾に期待することを語りました。

 

その後、松本が登場。授業風景と共に、新著『定年後も働きたい。人生100年時代の仕事の考え方と見つけ方』が紹介され、シニア世代の現状についてのインタビューが流されました。

 

そして、司会のバナナマン・設楽統さんを中心とした討論がスタート。討論メンバーの他に、このテーマに合ったゲストとして、フジテレビを退社して新しい道に踏み出したばかりのフリーアナウンサー・笠井信輔さんが参加。退社時の葛藤や不安など、自身の体験を正直に語る様子が印象的でした。

 

その後は、やりたいことがあれば、早めにその道に進ま鵜かどうかの視聴者アンケートの結果が発表され、再度、松本が登場。シニア世代のい経験や知識は大いに役立つこと、就職だけが働くことではなく、実は現役時代よりももっと多くの可能性を秘めていることをお話しました。

さらに、討論は続き、最後は、『定年後も働きたい。人生100年時代の仕事の考え方と見つけ方』から引用された「スターティングノートを作ること」、「1年くらいはじっくり悩むこと」がアドバイスとして示され、終了となりました。

 

東京セカンドキャリア塾と松本の登場部分は、前日の12日午前に収録したもの。放送は翌日の10:15頃からと、かなり突貫工事的な番組づくりのようでしたが、TVはこれが普通なんでしょうね。手際の良さには驚かされます。

時間が短いので、深い討論がなされないのは仕方のないことと理解し、塾の様子や塾生と私のインタビュー、そして『定年後も働きたい。人生の100年時代の仕事の考え方と見つけ方』もばっちり紹介していただいたことで、私としては満足のいく内容でした。

ご覧になった方から感想もいただけると嬉しいです。

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.