『週刊朝日』の「そうだ、還暦で友人を捨てよう!」にコメント

2019年8月10日

 
 
 

『週刊朝日』8月16−23合併号の記事、「そうだ、還暦で友人を捨てよう!」にコメントしました。コメントは3ページ目に掲載されています。

「友人を捨てよう!」とはなかなか怖いタイトルです。間違えると、引き籠りにもなりそうな感じがします。しかし、この記事の趣旨は、現役時代のように、それほど親しくもない人と無理な関係を続けることなく、自分らしい人間関係を築こうというものだと理解しています。

私のコメントもそういう観点からお話ししました。歳をとると、新しい友人はできにくくなります。だから、自分にとって本当の友人は誰か、誰とならこの先もお付き合いをしていきたいかを考える、いい機会かもしれません。

私の場合、何年も合ってないのに、会えば、やはりいい仲間だと思える人がいます。これは幸せなことでしょうね。自分に都合のいい人ばかりいません。お付き合いを楽しむ心の余裕も欲しいところです。

下の記事の部分はクリックすると大きな画面で読むことができます。

 


 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.