日刊ゲンダイ「単身赴任で心も体もボロボロ」の記事にコメント

2011年3月8日
 
 

『日刊ゲンダイ』2月11日発行号に松本すみ子のコメントが掲載されました。

タイトルは「離れて暮らすうちに―こうして始まる親子の断絶」。子供というのは親はいつまでも元気だと思っているもの。忙しい時に、親からの電話があると、ついイライラしてしまいがちです。しかし、親が何か言ってくるのは、それなりの理由があるはず。本当は何を言いたがっているのかを聴いて上げることも大事です。簡単には「苦しい」とか「助けて」と言えない親の心も理解してあげましょう。

そんなことを記者自らの状況に基づいて書いています。同様に、私も自分の経験から得たものをコメントしました。

◆日刊ゲンダイ

 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.