日経新聞記事「団塊リタイア 定年以上引退未満」にコメント

2010年8月16日
 
 

8月14日の日本経済新聞1面に、「団塊リタイア 定年以上引退未満」という記事が掲載されました。

この中で、松本すみ子のコメントが紹介されました。7月に日経の記者さんが来社され、1時間ほどお話したした内容に基づいています。記事にある「1800万人×5万時間」という数字も、日ごろ松本が紹介している数字を採用していただいたものです。

記事の内容は、体力も気力も、購買力もある60〜70歳の「定年以上引退未満」世代の潜在力が、今後は雇用のや労働力の分野で注目を集めるだろうというものです。記事は上下あり、松本のコメントが紹介されたのは上。下は15日に掲載されました。

◆松本のコメント部分

60〜70歳の時間的な余裕は5万時間。現役の労働時間の半分に当たる」。シニア向けコンサルティングを手掛ける松本すみ子氏は話す。健康で時間もある「定年以上」に地方自治体が目を向け始めた。

◆日本経済新聞 8月14日(土)

 
 
 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.