シニアライフアドバイザー・松本すみ子のWebサイト
arias

Magazine

メールマガジン

パソナのエルダー社員募集第2弾

メールマガジン「おとなの時代」の最新号です。
バックナンバーの確認、購読や中止はこちらで。
「おとなの時代」第125号 2020年1月29日発行

シニアライフアドバイザーの松本すみ子です。

昨年11月に上梓した『定年後も働きたい。人生100年時代の仕事の考え方と 見つけ方』に、読者からの嬉しい反応がありました。著者には読者の反応が なによりも嬉しいものです。手前みそですが、紹介させていただきます。

一つ目は、「本の内容がとても良かったため、より詳細が記載された続編が 出るのを期待しています」と、伝えてほしいという会社への匿名のお電話。 お名前をお聞きできなかったのが残念でした。

二つ目は神戸市在住という男性からで、「今年60歳になるので数多くの 定年後に関する本を読んでいますが、この本ほど私の困っていたことを 的確に回答している内容の本はほかにはなく、非常に感動しました」と いうもの。少しでもお役に立てたのであれば、本当に光栄です。

いいご意見もよくないご意見も著者にとっては宝です。
反応がないのが一番怖いのです。
読んでくださった皆様、ぜひ、感想をお聞かせください。

私の講演やセミナーでは主催者のご厚意で、本のチラシをお配りしています。
PRに協力しようという奇特な方(!)はチラシをダウンロードして ご利用ください。よろしくお願いします。
 https://www.arias.co.jp/news/2020/005.html

〔目次〕 アリア「おとなの時代」 http://www.arias.co.jp

【今月の視点】 パソナのエルダー社員募集第2弾

【最新の活動とニュース】

  • はつらつセカンドステージ:外出できにくい人の同行サービスを事業化
  • 読売新聞日曜版「日曜の朝に」欄「46歳 まさかの骨折」でコメント
  • フジテレビ『ノンストップ』の「男の第二の人生」に登場
  • 日本経済新聞セカンドステージ「マンション管理人」にコメント
  • Ryoma21情報:2月11日は豪華料理付き酒蔵見学と試飲会へGO!

【編集後記】 ご飯が好きなので低糖質炊飯器

今月の視点

【今月の視点】 パソナのエルダー社員募集第2弾

私の新刊本の中でも紹介しましたが、昨年、人材派遣会社のパソナは 「人生に定年なし!」を掲げ、65歳以上を対象に、エルダー社員80名の 採用を行いました。

その第2弾として、今年も募集を開始しています。今回の募集は160名。
コースは「参謀コース」、「営業コース」、「スペシャリストコース」、 「地方創生コース」、「起業志望コース」と5つになりました。

給与は就業内容、実働勤務日数および時間に応じて支給とあり、例として、 週5日8時間勤務の場合、月額25万円以上と記載してあります。
ただし、基本は契約社員で、原則1年間。その後の継続も可能なようですが。
パソナグループ以外で働く場合は派遣扱いとなります。

応募規定をしっかり読んで、パソナの意図するところと自分が希望すること とのすり合わせをすることが大事です。
募集に合わせて、説明会が東京と大阪で開催されますので、関心のある方は 参加して、しっかり聞いてきましょう。東京の説明会は2月4 日(火)、 大阪は2月21日(金)なので、まだ間に合います。

プログラムの詳細や説明会などの情報はこちら
 https://www.pasonagroup.co.jp/recruit/eldershine/

最新の活動とニュース

はつらつセカンドステージ:外出しにくい人の同行サービスを事業化

国内外から多くの観光客が訪れる東京。しかし、人が多く交通網が複雑で、 戸惑う人も少なくありません。外国人に限らず、国内で移動するお年寄りも 同じ状況にあります。それを新たな事業チャンスと捉えたのが、松下正宏さん。

東京に詳しい自分なら、不慣れな人たちのサポートができるのではないかと 考えました。じっくりと構想を練り、55歳で株式会社ミラサポを設立して 活動しています。

詳しい内容は  https://www.arias.co.jp/news/2020/004.html

読売新聞日曜版「日曜の朝に」欄「46歳 まさかの骨折」でコメント

46歳の記者さん。単身赴任中に、自宅マンションのドアストッパーに足を ぶつけて転倒し骨折。いよいよ老いが始まったかとショックだったそうです。
それを機に、気持ちは若いままでも、体力の衰えが始まっているかも しれないことや、家庭内事故などの生活環境の見直しの重要性を再認識した とか。松本は、「それに気づいたことはよかったと前向きに考えて」と アドバイスしました。

 https://www.arias.co.jp/news/2019/023.html

フジテレビ『ノンストップ』の「男の第二の人生」に登場

新しい本が出たことがきっかっけで、ノンストップに声をかけて いただきました。「東京セカンドキャリア塾」の松本の講座の様子や、 塾生も登場。もちろん、松本の本もしっかり紹介されました。

詳しいレポートは  https://www.arias.co.jp/news/2019/020.html

日本経済新聞セカンドステージ「マンション管理人」にコメント

マンション管理員は、接客や営業経験を生かせる仕事として、シニア世代に 人気ようです。ただし、座って対応しているだけでは済むはずはなく、 意外にも大変な仕事でもあります。

また、「マンション管理士」とは違います。マンション管理士はハードルの 高い専門職の資格で、マンションには常駐しません。マンションの管理室 で住民の対応をするのが「マンション管理員」です。
間違いやすいので、よく調べてから取り組みましょう。

記事は  https://www.arias.co.jp/news/2019/021.html

Ryoma21情報:2月11日は豪華料理付き酒蔵見学と試飲会へGO!

埼玉県蓮田の「清龍酒造」は、メディアでも取り上げられるほどの 豪華食事つき酒蔵見学と試飲会を開催しているので有名。
まち歩き食べ歩き「くうかい」では、今までも2回開催したことがある のですが、3回目の酒蔵見学会を計画しました。
試飲には、大吟醸、本醸造、純米、焼酎など工場直送のお酒が次々に 提供され、季節の珍味、季節の料理と釜めし、お吸い物など盛りだくさんの お食事付き。

開催日は2月11日建国記念日の祝日。
12時集合で4時には帰れます。関心のある方はお気軽お問い合わせください。
詳細は  http://kukai.ryoma21.jp/article/473094024.html

編集後記

ご飯が好きなので、低糖質炊飯器

宮城の美味しい米どころで育ったので、ご飯が大好きです。
しかし、近頃のダイエットは低糖質食事ブーム。
ご飯はダイエットには仇のようです。ご飯好きには辛い状況かも。

そんな時に発見したのです、低糖質炊飯器なるものを。
なんでも、この炊飯器で炊くと糖質が37%も削減されるとか。
で、買ってみました。
だって、大好きなご飯がいつもの1.3倍食べられる(そっちか!)。

とはいえ、炊いたご飯の味はいかに。これが重要。
宮城の「ひとめぼれ」で炊いてみました。蓋を開けると、釜には普通に 炊けたご飯。ただし、二重釜の底には白い水が沈んでいます。
これが落ちた糖質らしい。
早速、納豆とちりめんじゃこで試食すると、普通に美味しい!

この炊飯器、もちろん普通のご飯、雑穀米、炊き込みご飯、蒸し料理、 おかゆ、スープ、蒸しケーキも作れる優れもの。かなり使えそうです。
付録のレシピ集を見ながら、いろいろと試してみます。

  ◆ このメールマガジンのバックナンバー
 http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html
◆ 購読申し込みや登録情報の変更、解除は
 アリア  http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html
 まぐまぐ  http://www.mag2.com/m/0000270590.html
   有限会社アリア 代表取締役 松本すみこ
 〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
 Tel:03-5537-7130  FAX:03-5537-5281
◆ 発行日:2020年1月29日 第124号
◆ アリア「おとなの時代」
 http://www.arias.co.jp/
◆ NPO法人シニアわーくすRyoma21
 http://www.ryoma21.jp