メールマガジン「おとなの時代」の最新号です。
バックナンバーの確認、購読や中止はこちらで。

 「おとなの時代」第119号 2019年1月21日発行 

 コンビニのシニア向け就労セミナー


シニアライフアドバイザーの松本すみ子です。

遅まきながら、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新しい年には、誰もが漠然とながらも、今年はどんな年にしようかと
考えたりします。皆さんはどんな思いを持ったでしょうか。

私の今年の目標の一つは本を読む時間を確保することです。
悲しいことに、読みたくて買った本がツンドク状態。以前は本屋に行く
余裕が無ければ、未読の本の数もそれなりでしたが、今はアマゾンで
すぐ買えます。なので、ツンドク山も高くなりがち。

しばらく買うのはやめておこうと思うのですが、新聞の書評などを読むと、
つい購入ボタンを押してしまいます。手に入れておかないと忘れそうだし。
買うことに意義がある状態に陥っているのかも。

そこで、今年の目標の一つは夜の時間をできるだけ読書に当てること。
しかし、早くも未達の状態が続き・・・。
今年、どれだけ本の山を減らすことができるでしょうか。
また、年末年始に反省かなあ・・・

〜〜〔目次〕 アリア「おとなの時代」 http://www.arias.co.jp/ 〜〜

【今月の視点】 コンビニのシニア向け就労セミナー

【最新の活動とニュース】
・地域デビュー講座用冊子「これで安心地域デビュー」が完成!
・「東京セカンドキャリア塾」には英会話講座もあります
・日経「働く女性も地域デビュー」に取材協力
・Ryoma21情報:2月のまち歩きは「王子稲荷神社の凧市と都電沿線」

【編集後記】 駅ピアノ・空港ピアノ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今月の視点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【今月の視点】 コンビニのシニア就労セミナー

足立区がセブンイレブンと共同開催したシニアの就労セミナーで
「シニア世代の働き方」を3回ほど担当しました。

最近、コンビニ各社は自治体と協力して、全国各地で盛んにシニア世代
向けの就労セミナーを開催しています。コンビニは人手不足のため、
60代・70代でも元気で意欲があるシニアなら大歓迎。

しかも今や、コンビニはまちの安全・安心に欠かせない存在。
シニア世代がコンビニで働くことは地域社会に貢献することでもあるのです。
一方、シニア世代が引きこもりになることなく、仕事や活躍の場を得られる
ことは自治体にとっても願ってもないこと。
両者の思いが一致した事業だといえます。

当日、会場には本物のレジが並び、レジ打ち体験も。
皆さんの地元でも開催さしている可能性があります。
関心のある方は、お住まいの自治体の情報を確認してみましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最新の活動とニュース〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆地域デビュー講座用冊子「これで安心地域デビュー」が完成!

自治体などでの地域デビュー講座はまだまだ盛んに開催されています。
以前は対象が団塊の世代でしたが、今やポスト団塊・50代が対象に。

そうした講座で使える冊子「これで安心 地域デビュー」を現代けんこう出版
と協力して作成しました。A4サイズで4ページとコンパクトですが、
分かりやすく構成されており、価格も安いので、講座で配るには最適。

出版社の話では、表紙に自治体の名称を入れて、オリジナルにすることも
可能とのことです。詳しいことは下記でご覧ください。

→ http://www.arias.co.jp/news/2019/002.html

◆「東京セカンドキャリア塾」には英会話講座もあります

65歳前後の120名が今後の生き方・働き方を考えるための講座
「東京セカンドキャリア塾」には、多彩な講座があります。
その一つが英会話講座。講師はもちろん外国人。

目的は英会話を学ぶことですが、東京2020を来年に控えて、外国人に
慣れることにも重きをおいています。今回の講師は40代のオーストラリア人
語学教師と20代のエストニアからの留学生。

語学教師は小学校で子供たちに英語を教えており、留学生は早稲田大学で
災害関係の研究を行っているそう。
ビジネスにとどまらない広い視野を持ってもらいたいと思っています。

→ http://www.arias.co.jp/news/2018/037.html

◆日経「働く女性も地域デビュー」に取材協力

日経新聞「働く女性も地域デビュー」に、シニアライフアドバイザー
として、松本のコメントが掲載されました。
記事中に登場する狛江市の情報も、松本が取材協力しました。

仕事と会社にかかりきりになりがちな男性と違って、女性は年代を問わず、
自分たちが住む地域に関心のある人が多いようです。
人手不足の日本、地域社会での女性の役割は大きいと感じます。

→ http://www.arias.co.jp/news/2018/042.html

◆Ryoma21情報:2月のまち歩きは「王子稲荷神社の凧市と都電沿線」

まち歩きサークルが2月に実施するのは、「王子稲荷神社の凧市と飛鳥山、
都電に乗って巣鴨と鬼子母神散策」。
実施日の2月2日(土)には、落語「王子の狐」で知られた王子稲荷神社で、
江戸時代から続くユニーク「凧市」が開催されます。

王子といえば、飛鳥山公園と日本一短いモノレール。その後、都電荒川線に
乗って、おばあちゃんの原宿・巣鴨や鬼子母神も訪問します。
会員でなくても参加はOK。興味のある方は、ぜひ!

詳細や申込み方法はこちらで
→ http://kukai.ryoma21.jp/article/463494459.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜編集後記〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆駅ピアノ、空港ピアノ

最近、欠かさず見ているNHKの番組があります。
それは「駅ピアノ・空港ピアノ」 → http://www4.nhk.or.jp/P5389/

駅や空港の通路やロビーに置かれたピアノを、通りがかりの人たちが
思い思いに弾いていくのです。その様子を定点カメラで撮った映像を
ひたすら流し、ピアノに向かう人の人生を垣間見るというもの。
今までロサンゼルス、チェコ・プラハ、アムステルダム、シチリア島、
マルタ島などの映像が放送されています。

衆人環視の中でピアノを弾くというのも、なかなか勇気がいることでは
ないかという気がしますが、こちらが思うほどの気負いはない様子。
誰かに聞かせたいと思っているわけではなく、心の向くままに弾いている
感じが印象的です。

周りの人たちも大げさに反応したり、称賛したりするわけでもなく、自然に
受け入れています。日本でこんな取り組みをしたても、人の目を気にして
弾く人はあまりいないかもと考えた時、思い出したことがありました。

東京都国立市の「桜守」の取材をした時に、桜並木の通りにピアノを
置いて、誰でも弾いていいというイベントを行ったと聞いたのです。
音楽学校のある国立、さすがです!

日本の空港や駅でも試してみてはどうでしょう。成田や羽田はもちろん、
芸大の近い上野駅、学生や楽器店の多いお茶の水駅あたり。
川口や狛江のように「音楽のまち」を目指している自治体もありますし。

また、子供時代の習い事として、ピアノのレッスンを受けていた人は
多いのではないでしょうか。そして、多くの家にピアノがありました。
そんな人たちが今はもう忘れていても、街でふとピアノを見かけたら、
思わず弾きたくなるかもしれません。どこか始めないかな。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◆このメールマガジンのバックナンバー
 http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html
◆購読申し込みや登録情報の変更、解除は
 アリア → http://www.arias.co.jp/mailmaga/back.html
 まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000270590.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
有限会社アリア 代表取締役 松本すみこ
 〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル
 Tel:03-5537-7130  FAX:03-5537-5281
発行日:2019年1月21日
◆アリア「おとなの時代」
 http://www.arias.co.jp/
◆NPO法人シニアわーくすRyoma21
 http://www.ryoma21.jp
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

アリア ロゴ 有限会社アリア
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F 
TEL: 03-5537-7130 FAX:03-3430-1341 e-mail:info*arias.co.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスに工夫をしています。「*」を@に変更して送ってください。
 
 
copylight 2004-2008 arias All rights reserved.