ほぼ毎日、詐欺メール

 

コラム『松本すみこのシニアライフ』 No.32

2017年11月27日

 
 

なんかおかしいな・・・

このところ、毎日のように、怪しい督促メールが届くようになりました。

もちろん、以前から、いかがわしいメールやわけのわからない外国語のメール、とんでも融資のメールが届いてはいました。送り先が私のメアドだったりするメールは、一目で怪しいメールとわかるので、即刻削除。

そんなものに引っかかるほど、初心者ではない。一昨日来い!って、感じでした。

しかし、このところ届くのは有名企業の名前を語った督促メール。例えば・・・ (青字が詐欺メールの文書)

詐欺メールその1「NHKオンデマンド」

この度は、『NHKオンデマンド』をご利用頂き、誠にありがとうございました。
以下の通り、購入手続きが完了しました。
[商品名] ドキュメント72時間
[ご購入年月日] 2017年11月23日
[ご利用額合計(税込み)] ご利用金額 108 円
[ご利用条件] 購入後 1日0時間まで
[お支払い方法] クレジットカード

はあ? どう考えても、その日は家にいなかったし、NHKオンデマンドで番組を見た覚えはありません。

ご丁寧に、「ヘルプ・お問い合わせフォーム」や「コンテンツ利用法の説明」、「NHKオンデマンド室」などのURLが記載してあります。

そして、「All rights reserved. 記事の無断転載を禁じます」とは笑わせる。
このメールの返信によるお問い合わせは受け付けておりません」で、もう詐欺メールであることは明白です。

でも、つい引っかかってしまう人がいるんだろうな。ご用心!

詐欺メールその2「三井住友カード株式会社」

この度はご注文頂きまして、誠にありがとうございました。
ご注文頂きました内容は以下の通りです。
商品名VJAギフトカード1,000円券×300枚
お支払い合計金額:300,540円(税・送料込み)

だれがわけのわからないギフトカードを30万円も買うものか!
第一、私は三井住友カードなんて使ってません! これも最初から詐欺メールであることは明白。

なのに、「ご請求書を添付ファイルにてお送りさせて頂きます。クレジットカード決済のお客様へは別途所定の審査を行いますので、ご了承願います」だと!

三井住友カードはこの詐欺メールを把握しているのでしょうか。

詐欺メールその3「楽天カード」

いつも楽天カードをご利用いただきありがとうございます。
こちらをクリックして、ご請求を詳しく説明してください

とサイトに飛ぶようにしてあります。でも、お客さんに請求を説明しろとはどういうこと?
これはあまり日本語が得意でない外国人の仕業か。

しかも、「ただいま、お客様からの変更処理に基づいて会員登録情報が変更されました。
万が一、本メールの内容に覚えがない場合には以下までお問い合わせください
」と書いてあります。

なんで、請求メールに会員情報が変更されたなんて注意事項まで書いてあるの?  これもクレジット情報を含めた個人情報を集めようとしていることは歴然です。

電話番号が書いてあるので、うっかり、「覚えがないですけど」なんて、問い合わせの電話してしまう人もいるんでしょうね。

しかし、こういう私もあやうく引っかかりそうになったものがあります。それは・・・

詐欺メールその4「Apple」

安全のため、このApple IDはすでにロックされました。あなたのApple IDはwindows PCのiCloudにログインしたり、ダウンロードしたりする操作があったと、Appleゲームのセキュリティチームは発見しました。

えっ!誰か私のApple IDを使ってアクセスした? これはまずいと思い、「この問題を解決するにはこちら」をクリックしてみました。

すると、「あなたのアカウントの安全性を守るために、セキュリティ質問を再設定して頂くことが必要です。再設定された後、たとえあなたのApple IDとパスワード及び元のセキュリティ情報を知っているとしても、それを使用することができません」と表示されます。

でも、よく見るとクレジットカード情報を入れる部分もあるのです。おかしなと思い、クレジットカードの情報なしで送信を押してみたら、情報をすべて入力しないとアクセスできないというような表示が。

この段階で、これは詐欺だと判断。入力データを破棄して、メールも削除しました。

よく考えてみれば、私はAppleゲームをしたことがありません。うかつでした。メールの内容はよく見ないといけません。

ちなみに、しばらくたってから、このサイトにアクセスしてみたら、もう存在していませんでした。やっぱり・・・、でしたね。

こんなメールに煩わされたくない

まともな企業がメールで請求したり、督促することはありません。督促メールは余計な判断をせずに無視して、即、削除するに限ります。本物かもしれないので、とにかく対応しておこうというのも絶対にだめ!とにかく無視するのが一番です。

とはいえ、アップルや楽天、NHKに三井住友、どれも大企業で、多くの人が利用しているような企業です。今のところ、相手の稚拙な部分が露呈しているので、かろうじて判断できていますが、今後はますます巧妙になっていくでしょう。

モノとモノがネットでつながるIOTで生活が便利になる一方、被害にあう人も増えていくことが懸念されます。

詐欺はいつもの時代もありました。ネットのない時代も。私たち自身も、知識や情報を得て、賢くなる必要があります。しかし、ネットならではの詐欺もあります。それらへの対策は今後の重要事項でもあります。

なにより、毎日、こうしたメールが来て削除するのもストレスであり、時間の無駄です。
大迷惑!

その知恵とスキルをもっと社会に役立つ方向に使いなさい(怒!)

◆バックナンバーはこちら

 
 
 
最新ニュース一覧    トップページ
 

copylight 2004 arias All rights reserved.